北郷東商工会会則




北郷東商工会会則
(名称)

第一条
本会は北郷東商工会と称す。
(目的)

第二条
本会は、会員相互信頼を通じて、地域社会に貢献し、親睦と共に、各企業の福利厚生の増進を図り、企業の永遠の発展を目的とする。
(組織)

第三条
本会は北郷の地域に於いて営業を営み、本会の趣旨に賛同する者を以って組織する。



一、正会員 本会の地区内に於いて事業を営む者。

二、賛助会員 本会の区域内に居住し本会の趣旨に賛同する者。
(事業)

第四条
本会は目的達成のため、次の事業を行なう。



一、連合売り出し。

二、税務・金融対策及びパソコン活用の研究指導。

三、社会見学及び親睦会の実施。

四、地域内に於けるイベント等、及び全市的行事に対する協賛及び協力。
(事務所)

第五条
本会の事務所は会長宅に置く。
(役員)

第六条
本会に次の役員を置く。



一、会長1名

二、副会長2名

三、総務部長1名

四、事業部長1名

五、事業副部長若干名

六、会計部長1名

七、監事2名
(役員の選出)

第七条
会長及び副会長は、役員会に於いて互選し総会に於いて承認を得る。他の役員は、会長が指名し総会に於いて承認を得る。
(顧問・相談役)

第八条
本会に顧問・相談役を置く事が出来る。但し、会長は役員会に諮り、3分の2以上の同意を得て、依属するものとする。
(役員の任務)

第九条
役員の任期は2年とする。但し、再任は妨げない。任期が終了しても後任者の就任するまで、その職務は勤めなければならない。
(役員の任務)

第十条
  1. 会長は本会を代表し会務を総括する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代理する。
  3. 総務は本会の総務の一切を掌る。
  4. 事業部は本会の事業の一切を掌る。
  5. 会計は本会の会計事務を掌る。
  6. 監事は本会の業務及び経理を監査し、監査結果を総会にて報告する。
(会費)

第十一条
正会員は、月額1.500円と定め毎月末までに徴収する。

賛助会員は、役員会に於いて定める。

その他、諸会費・寄付金及び事業収入を充てる。

会費その他の徴収はすべて会計が徴収する。
(会計年度)

第十二条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日までとする。
(慶弔・見舞)

第十三条

  1. 会員の代表者が死亡の場合は金10,000円。
  2. 会員の代表者の配偶者が死亡の場合は金5,000円。
  3. その他、会長が必要と認めた場合、他の役員と協議し支出する事が出来る。
(規約改正)

第十四条

この会則を改正する場合は、役員会で改正案を作成し総会の議決を要す。
(附則) 一、この会則は、昭和43年4月1日から実施。

二、この会則は、平成19年4月21日一部改正実施。